やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2022/02/01
給与の支払いのない青色事業専従者を控除対象扶養親族とできるかどうか

[相談]

 私は昨年、個人で飲食店を開業し、生計を一にする妹(年齢20歳)を青色事業専従者として届け出を行いました(届出給与額月額100,000円)。
 しかし、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により売上が当初見込んでいた金額の2割程度となってしまったため、結局、妹には昨年中1円の給与も支払うことができませんでした。
 この場合、妹は私達の父など、生計を一にする他の親族の控除対象扶養親族となることができるのでしょうか。教えてください。
 なお、昨年の妹には上記のほか、所得は一切ありません。


[回答]

 ご相談の場合、妹さんは他の同一生計親族の控除対象扶養親族となることができるものと考えられます。


[解説]

1.青色事業専従者給与制度の概要

 青色事業専従者給与制度とは、青色申告の承認を受けている納税者と生計を一にする配偶者その他の親族(※1)で、その納税者の営む事業に従事する人(青色事業専従者)が、その事業から所定の届出書(青色事業専従者給与に関する届出書)に記載されている金額の範囲内において給与の支払を受けた場合には、その給与支払額をその納税者の事業所得等の必要経費に算入(※2)し、かつ、その青色事業専従者のその年分の給与所得とする所得税法上の制度です。

※1 年齢15歳未満の人を除きます。

※2 必要経費に算入されるのは、その給与の金額のうち、その労務に従事した期間、労務の性質及びその提供の程度、その事業の種類及び規模、その事業と同種の事業でその規模が類似するものが支給する給与の状況等に照らし、その労務の対価として相当であると認められるものに限られます。

2.控除対象扶養親族とは

 所得税法上、納税者の親族(配偶者を除きます)等でその納税者と生計を一にする人のうち、その年分の所得金額が48万円以下である人を「扶養親族」といいます。

 その扶養親族のうち、年齢16歳以上の人を「控除対象扶養親族」といい、納税者が控除対象扶養親族を有する場合には、その納税者のその年分の金額から、その控除対象扶養親族1人につき、原則として38万円を控除すると定められています。

 ただし扶養親族からは、上記1.の青色事業専従者に該当する人で給与の支払を受ける人を除くと定められています。

3.給与の支払いがない青色事業専従者の取扱い

 上記2.で述べた通り、所得税法上の扶養親族の対象から除かれるのは、給与の支払いを受ける青色事業専従者です。

 このため、青色事業専従者として所定の届出をした人であっても、その人が給与の支払いを一切受けていない場合には、他の要件を満たす限り、その人の同一生計親族がその人を控除対象扶養親族とすることが可能です。

 したがって、今回のご相談の場合、妹さんは他の同一生計親族の控除対象扶養親族となることができるものと考えられます。

[参考]
所法2、57、84、所基通2-48、2-48の2、国税庁所得税相談事例など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
新郷道明税理士事務所
〒810-0073
福岡県福岡市中央区舞鶴
1-1-10天神シルバービル7F
TEL:092-735-1222
FAX:092-735-1227